886520855

【新築照明の施主支給】メリット&注意点と体験談

【新築照明の施主支給】メリット&注意点と体験談施主支給

おしゃれな照明がある空間ってそれだけでウキウキしますよね!
照明を施主支給したいけど、トラブルにはなりたくない。
わが家も照明を施主支給しましたが、失敗しそうなポイントが最初はわかりませんでした。

照明を施主支給するときのメリット、デメリットや注意点を知っていれば、安心して施主支給できますよね。
このブログでは、実際に照明施主支給をした私が、ハウスメーカーへの聞き込みとネットリサーチから学んだ照明施主支給の方法をご紹介します。
照明の施主支給を考えている人、なんとなく施主支給が不安な人はぜひ最後までご覧ください。

照明を施主支給するメリット

【新築照明の施主支給】メリット&注意点と体験談

照明を施主支給するメリットは、なんといっても価格が安いことです。
我が家は、将来になるべくお金を残すために、ローコスト住宅にしたかったので照明も無駄に高いのは嫌でした。

私はタマホームで新築したのですが、タマホームやタマリビングに中間マージンをとられて、つく照明は一緒ってなんだか悲しいなと思ったんですよね。中間マージンのために私は毎日働いているわけではない…!

タマリビングでの見積もりは、リビングと寝室、子供部屋の照明だけで約30万円でした。
標準仕様でお風呂、洗面、トイレ、キッチン手元、廊下は照明つきだったので、居住スペースのみの見積もりです。
んー高いなあと思い調べてみると、タマリビングでは普通のいわゆるシーリングライトが6畳の部屋で¥12,000なのに

ネットで買えば、ちょっとおしゃれなやつでも4000円とかでした。
4倍の値段……もう一気にタマリビングで買う気持ちなくなりました。

もちろん、ハウスメーカー提携で買えば購入から設置までおまかせできるので、手間はかかりません。
しかし、シーリングライトだけでも4倍以上の価格だったので、新築の家づくりでお金をなるべく節約したい人は、施主支給するのがおすすめです。
実際に我が家は、標準仕様+施主支給で照明を準備したところ、新築の家中の照明を準備して¥51,819の出費でした!

ネットで選べば種類も豊富でおしゃれ照明もたくさんあるし、ハウスメーカー提携よりも安いので、メリットの方が大きいと思います。

照明を施主支給するときのデメリット

【新築照明の施主支給】メリット&注意点と体験談

照明を施主支給をするデメリットは、手間と時間がかかること、ハウスメーカーの保証がないことです。

保証がないのはハウスメーカーを通しての購入ではないので、しょうがないですね。
でも、照明は自分で持ち込まなければいけない賃貸アパートでも、特に保証がなくても困ったことってないですよね?
なので、新築だから保証がないと困るということはなく、保証がないからトラブルになるということはないと思います。

なので、自分で照明を調べて、買う、という手間と時間くらいしかデメリットはありません!
照明を調べて新築に何をつけるか迷うのも楽しかったので、全然苦にならない人が多いんじゃないかな~と思います。

照明を施主支給するときの注意点

施主支給するときの注意点は、施工会社への確認、電気工事のいる照明、照明の選び方の3つです。

施工会社への確認

施工会社には、施主支給をしたい照明を前もって伝えておく必要があります。
電気の配線なんかの電気工事をやってくれるのは、ハウスメーカーなので、施主支給する照明に電気がとおるように準備をしておいてもらいます。

私が新築したタマホームでは、施主支給するところは引掛けシーリングの穴を設置するところまでの工事を標準仕様内でやってくれました。
引掛けシーリングの穴があれば、たいていのシーリングライトもペンダントライトも設置できます!

引掛けシーリングってこういう普通のシーリングライトだけ?と思いがちですが、

こんなペンダントライトもほとんどが引掛けシーリングで大丈夫です。

タマホームは施主支給するのが当たり前、みたいな風潮だったので普通に受け入れてもらえました。

施工会社によって対応が違うと思うので、「この照明が気に入ったので新築につけたいなーと思っているんですけど…」と施工会社も承諾しやすい感じで相談してみるのがいいと思います。
一方的に、「照明はこれを施主支給したいんです!」というと営業さんに「うちでは施主支給は無理です。」なんて言われてプチトラブルになっているという人も見かけるので、上のような言い方がいいんじゃないかな、と思います。

電気工事のいる照明

【新築照明の施主支給】メリット&注意点と体験談

電気工事の資格のいる照明は、資格がないと設置できないので照明選びで気を付けましょう。
天井や壁に直接とりつける照明は、電気工事の資格が必要です。
たとえば、玄関外の照明やダウンライトが該当します。

電気工事の資格が必要な照明は、施主支給しても取り付けの工事が自分ではできないので、ハウスメーカーに新築建築中に工事をしてもらう必要があります。

タマホームには「もしダウンライトをオプションで付けたい場合には、できればハウスメーカーのものを使ってほしい」と言われました。
タマホームが施主支給した照明の工事をして、もし不具合があった場合に、施主支給した照明が悪いのか、工事が悪かったのかがわからなくてもめるのを避けたいという話でした。

まあ、、、私がハウスメーカー側だったら、そう言いたくなるのはわかる…。
だれの責任かが問題になってトラブルになるのは避けたいですもんね…。

電気工事の必要な照明を絶対いれたい場合は、そこだけハウスメーカー提携にするか、不具合があっても何も言わないからやってよーとおねだりしてみるかのどちらかになりそうです。

照明の選び方

納期

納期は、リビングなどの引っ越し早々から必ず使う場所に照明がないのは辛いので、引越しに間に合うように注文します。
もし、賃貸アパートに余裕があるなら、早めに購入して持っておくのが安心です。

我が家は、狭いながらも賃貸アパートに新築に設置する照明をつみあげて引っ越しまで待ちました。

色味と明るさ

照明は、明るさと色合いによって部屋の雰囲気が変わるとパナソニックで聞きました。
電球色はオレンジがかった色なので落ち着いたくつろぎ空間に、温白色は自然な明かりで暖かさと明るさの両立をしたいところに、昼白色は作業空間などの明るさ重視のところに、と使い分けると快適だそうです。
もちろんどれもLED電球なのは一緒で、色が変わるだけです。

実際に、色の違いをみてみると、実家や賃貸でも玄関やトイレなどはオレンジっぽい電球色で、子供の勉強部屋は明るさ重視の昼白色と使い分けられていることに気づきました。

パナソニックカタログを参考に、各部屋の照明の色候補を考えてみたのがこちらです。
電球色:リビング、ダイニング、寝室、和室、トイレ、浴室、廊下、内玄関
温白色:リビング、洗面脱衣室、寝室、WIC、子供部屋、客間
昼白色:キッチン、勉強部屋、書斎、作業スペース

最近は調光できる照明も多いので、リビングなど様々な用途に使う所は調光できる仕様にできるといいのかな?と思いました。

個人的には、実家の廊下階段が電球色でしたが、あまり好みではない色味だったので、温白色ベースで行きたいです。
逆に、実家のダイニングの電球色はご飯がおいしそうに見えてよかったと思うので、新築にはできれば電球色も採用したいですが、ダイニングで作業や勉強もやる可能性があるので、予算が許せばダイニングは調光を取り入れたいと考えています。

照明の明るさ

部屋のサイズに合わせた明るさになっているかの確認も必要です。
ネットで「わ、かわいい!」と思っても、思ったよりもサイズが小さく暗めな照明なことも多かったので、よく見て買うのがおすすめです。

わが家では標準仕様になっていた照明の明るさを基準に照明選びをしました。

場所明るさ明るさ変換後
玄関ポーチ40形電球相当
ダウンライトの場合 60形電球相当
約0.9畳
内玄関100形電球相当約2畳
廊下60形電球相当約1.3畳
トイレ60形電球相当約1.3畳
階段60形電球相当約1.3畳
キッチン壁付けの場合 20形直管蛍光灯相当
ダウンライトの場合 60形電球相当
約1.3畳

ダウンライトは、40形相当が約0.9畳/台、 60形相当が約1.3畳/台 、100形相当が約2.0畳/台というのを参考に個数を考えました。

とはいえ、新築の家の間取りでどれだけ照明が必要か?というのは全然自信がなかったので、我が家ではハウスメーカーが提案してくれた時の明るさを基準に照明を選んだところ、特に明るすぎることも暗すぎることもありませんでした。
一度はハウスメーカーに照明を含めて見積もりをしてもらうと、照明選びの参考になります!

照明施主支給はいつから準備する?

【新築照明の施主支給】メリット&注意点と体験談

照明の施主支給は、着工したら考え始めるのがベストです。
照明によっては、納期が長いものもあるので、引越しに間に合うように買いたいです。
受注生産品がどうしてもほしかったり、人気商品で待ちがあったりすると、数か月はかかります。

…なんて言ってますが、本当のところはローコスト住宅な我が家が購入したものでは、どれも即日発送ばかりで、早く到着しすぎて賃貸の部屋がいっぱいになっていく事のほうが悩みでした。

でも、楽天もアマゾンも商品の数は山ほどあるので、どれにするか悩んで決めるのに時間がかかってしまったのは事実なので、着工したら考え始めるくらいがちょうどよかったです。

即断即決できるし、人気の照明も不要!という潔い人は、引越しの1週間前くらいに考えて購入すれば、大丈夫です!

私と同じどれにするか優柔不断でなかなか決められない人は、一点ものの照明などこだわりたい人、着工したら照明選びを始めましょう。

施主支給した照明の取り付け費用

【新築照明の施主支給】メリット&注意点と体験談

引掛けシーリングの照明は、自分で簡単に取り付けできるので、費用はゼロです。
天井にコンセントのようなものがあって、そこにはめるだけなので、誰でも簡単にできます

もし、どうしても不安だったり、重めの照明で設置が大変そうなときだけ、ハウスメーカーにお願いするのがよいと思います。

私が新築したタマホームでは、照明の取り付けは1個800円でした。
一方、引掛けシーリングではなく電気工事のいる照明は、取り付け費用が1個1600円でした。
ダウンライトなどの電気工事が必要な照明では、必ず新築中に工事もやってもらわなければいけないので、値段が高くてもお願いするしかないです。

自分が電気工事士の資格を持っていたり、お友達が持っていたりする場合は、施主責任でできるかもしれませんが、施工会社は責任の取り方が難しくなるので嫌がりますし、トラブルの元になりかねません。
なので、工事が必要な照明はお任せするのが理想です。

引掛けシーリングの照明を上手に使って、自分でお気に入りの照明を設置できるように計画すると、費用もかからず手続きも楽です。

施主支給したい照明妄想

追記:妄想って書いてましたが、実際に買ったものには、購入後談も追記しました。

リビング照明

シーリングファン付き照明とか、憧れちゃうんですよね。
しかもこれ、オーデリックブランドで安心感あるのに、そこそこ安い。
これがあるだけで、ちょっとおしゃれ感でるのも強い。

ー実際に購入してー
友達が家にきたとき、家族が家に遊びに来た時みんなまずコレを褒めてくれます。
実際にファンが必要だったかと言われると怪しいけど、見た目にはかなりとても満足しています!
配達されたときにひとつ電球が割れてしまっていましたが、ネットなのに対応がめちゃくちゃ早くてよかったです。

安定のシーリングライト。
広範囲が明るくなるし、調光もついているし、ちょいとおしゃれな木目つきだし、品質と機能は抜群なんですよね。
しかも安い。
…あれ、意外とシーリングライトも捨てがたい。

ー実際に購入してー
やっぱりシーリングライトは性能が最強でした。
適度な明るさにするのは、シーリングライトが一番得意なのでは、と思います。
ダウンライトは寝転がるとまぶしいし、ペンダントライトは局所的に明るくなりがちですが、シーリングは広く、全体的に明るくなります!
正直、調光はまだ一度も使用していないので、不要だったかも…

ダイニング照明

PC作業や将来子供の勉強スペースも兼ねる予定だったので、明るさが充分なことと、リモコン操作ができることを考えて選びました。
ダクトレール戦法と迷いますが、予算を抑えるために引掛けシーリング一つでまかなうつもりです。

引掛けシーリングでこの4灯の電球はおしゃれだし、お得感があるので気になります。
しかもリモコン付き!

ー実際に購入してー
4灯あるので思い切って購入した6人かけのダイニングテーブルでも、十分あかるくなります。
明るすぎるときには、2灯だけ点灯もできるので、夜もちょうどいい明るさにできるのがよかったです。
この照明も、来客の人たちが褒めてくれる照明です!

他に気になっていたダイニング照明

・ペンダントライト Lena

・ペンダントライト GiGi

・インターフォルム (Lahti)

旦那とわかりあえず、採用には至らず…
個人的には採用できなかった照明たちのフォルムのほうが気に入っています!

キッチン手元灯

今住んでいるキッチンで手元が暗いのが嫌なので、まな板作業のときに手元が明るくなるようにしたい…!

・DOTS-NEXT (latte  ラテ)

・DOTS-NEXT (ガラスシェードシリーズ「筒形」)

・BeauBelle (PENDANT LIGHT HONEW)

・インターフォルム(BERKA)

ー実際ー
候補に挙げていましたが、ダイニングをペンダントライトにしたので、ごちゃごちゃするのを避けるため、予算を抑えるために標準仕様内でまかなえるダウンライトにしました。
キッチンの照明もダイニングの照明も控え目にして、キッチン手元灯をつけ、カウンター部分に料理を並べると、こじんまりした居酒屋みたいな雰囲気になって楽しいです。
でも、やっぱり友人宅にあるキッチン手元のペンダントを見ると、かわいいなあ!と思いますね。

内玄関の照明

いや、表標準のダウンライトが一番節約なのはわかっている、わかっているけど…

・JAPAN BRIDGE (ECTOR)

・CAnffy(Capiz)

・Canffy (Maryse)

・VENUS(引っかけ式シーリングライト)

ー実際ー
結局は予算の都合と、まあダイニングとリビングを気に入ったのにしたというのと、旦那との趣味が合わず、こちらも標準仕様内でダウンライトになりました。
照明器具とは関係ないですが、内玄関は人感センサーのオプションをいれました。
帰ってきてリビングまでスイッチを押さなくていいのは、かなり快適なので、人感センサーおすすめです!

階段ホール照明

本当は廊下には標準仕様のダウンライトが6つついていましたが、我が家では、そのうち3つが2階の廊下、残り3つをキッチンに使用したのでここは施主支給にしました。

このアイリスオーヤマの小型ライト、普通の引掛けシーリングの穴に挿すだけなのに人感センサーなんです!

便利!アイリスオーヤマさすが!

タマホームに人感センサーオプションをお願いすると、¥10,000以上かかりますが、これなら施主支給するだけ。

ー実際に購入してー
階段ホールは距離が短く、いちいちつけるのが面倒なので、これは買って正解でした!
人感センサーしょぼいかな?とあまり期待せずに購入しましたが、ちゃんと機能してくれています!

ウォークインクローゼット照明

縦長5畳のウォークインクローゼットも引っ掛けシーリングで対応します!
キッチンや廊下など、長めの空間の照明におすすめです。
しかも安い。そんなにダサくもない。

ー実際に購入してー
引掛けシーリングの穴にさすときに、多少回転させなければいけない、ということを全く考えておらず、縦長5畳のウォークインクローゼットでは、設置がギリギリでした。
なんなら設置できないかと思うくらいにギリギリでした。
見た目や明るさはおすすめで、縦長の空間全体が明るくなりますが、縦長で壁があるときは長さに注意して購入してください!

主寝室&子供部屋

なるべく安いシーリングを買いました!
高いシーリングと安いシーリングの違いは、光の広がり具合などらしいですが、まあ安くてもなんとかなるんじゃないか精神です。
安定のアイリスオーヤマです。

すぐに使う予定のない子供部屋5.2畳はさらに安いものをアマゾンで購入しました。

ー実際に購入してー
アイリスオーヤマはもちろん使いやすく、何も問題ありませんでした。
めちゃくちゃ安いアマゾンのシーリングライトどうなんだろう?と思いながらも、ポチったところ、段ボール箱はちゃっちいし、説明書はないし、電気の傘の大きさも小さかったけど、使用感に問題はないです!不親切だったけど、照明は大丈夫でした。

電球

こちらもぶれずに価格優先!
今まで暮らしてきた賃貸で、適当に買った電球に不満を思ったことがないから大丈夫なはず!
標準仕様の電球は、選択できるところはすべて温白色にしましたが、なかなか見つけられなかったので、昼光色で合わせてみることに。
やっぱりアイリスオーヤマ最強。

ー実際に買ってみてー
電球必要だと思って購入したのに、どの照明も電球ついてたんですよね…ミス…!
みなさまは照明に電球がついているかどうか、しっかり確認してから買ってください!

まとめ

照明を施主支給をするメリットは、安くできること。我が家では、30万円と言われた照明が5万円になりました。
反対にデメリットは時間と手間がかかることですが、お気に入りの照明選びは楽しかったので、ぜひやってみてください!

照明を施主支給するときの注意点は、①施工会社への連絡をしっかりする、②電気工事のいる照明に気を付ける、雰囲気にあった照明の明るさ色味を選ぶの3つです。
引越しに間に合わせるためには、着工したら照明選びを始めるのがおすすめです!

新築が着工したらやるべきことは、こちらにまとめてあるので、「あれ、着工したけど何か準備しなきゃいけないんだっけ?」と気になる方は、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました