886520855

【タマホームで新築】標準仕様のサッシ

タマホーム標準仕様のサッシタマホーム

夢のマイホームの計画中。

タマホーム標準仕様のサッシの性能はぶっちゃけどうなの?

住宅展示場や工務店巡りをすると、サッシの断熱性の大切さを説明されて、せっかくの新築で後悔しないためにはサッシ重要かも、という気持ちになりますよね。

実際に私も、大手ハウスメーカーに行っても工務店に行っても、電球越しに窓ガラスに触れて、複層ガラスは熱くないんですよーなんて実験とかをやったりしてサッシの重要さを感じていました。

家づくりで重要なサッシ。タマホームの標準仕様ではどうなっているのか気になりますよね。

このブログでは、タマホームで新築した私がタマホーム標準仕様のサッシの性能や見た目はどうなっているのか、ご紹介します。

タマホームで契約するか迷っている方、タマホームで計画中の方、サッシで後悔したくない方はぜひご覧ください!

タマホーム標準仕様はYKK APのエピソード

【タマホームで新築】標準仕様のサッシの性能と色やサイズ

ザタマホームで新築した我が家の標準仕様は、YKK APのエピソードでした。

ザタマホームは大安心の家と同じ商品から選択されているので、大安心の家でも同じだと思います。

YKK APのエピソードは、複層ガラス、サッシは内側樹脂で外アルミの複合サッシです。

この複層ガラスと半樹脂サッシは充分な性能があるか、後悔しないのかについて解説します。

タマホーム標準仕様の複層ガラスの性能は充分か。

タマホーム標準仕様の複層ガラスは、大手ハウスメーカーのサッシに比べると性能はいまいちです。

タマホーム標準仕様の複層ガラスは、窓枠に2枚ガラスが入っていて間には空気が入っています。

一方、大手ハウスメーカー、例えば住友林業では複層ガラスなところは一緒ですが、二枚のガラスの間に熱を伝えにくいアルゴンガスが入っており、さらにガラスにLow-eと呼ばれる金属膜が貼ってあるのでより熱や紫外線を伝えにくくなっています。

Loe-e膜は、太陽の日射熱を50%以上カットできるそうです!日焼けも防げる!

家は性能でおなじみの一条工務店では、複層ガラスではなくトリプルガラス、アルゴンガスよりもさらに断熱性能の高いクリプトンガス入りで、Low-e膜がついたものが標準仕様になっています(防火地域の人はできない気がするけど…)。

住友林業のHPで、外が0℃で家が20℃のときの単層ガラス、一般的な複層ガラス(タマホーム標準仕様はこれ)、アルゴンガスいりLow-e複層ガラスの温度を調べていますが、6℃、13℃、17℃と窓ガラスの性能があがるにつれて、ガラスの温度も室内に近いことがわかります。(出典:住友林業HP:https://sfc.jp/ie/tech/dannetsu/

温度差が少ない家がいいなあ。

日本で、複層ガラスが普及してきたのは2000年代以降なので、実家や賃貸アパートで、冬に窓側はひやっとするなあという経験は誰もがしたことがあるのではないでしょうか。
それが単層ガラスです。

複層ガラスにすれば、さらにLow-e膜にすれば、冬の窓側でもひやっとしない断熱性の高い家にすることができます。

もちろん、サッシの性能を良くすればするほどお金がかかります。

トリプルサッシや、Low-e膜は過剰な性能になっているんじゃないの、と思う人もいるかもしれません。

しかし、日本は窓後進国で、ヨーロッパや中国、韓国に比べると窓の性能がすこぶる悪いということが言われています。(出典:日本経済新聞https://www.nikkei.com/article/DGXMZO78836460U4A021C1000000/

日本の最高水準の窓でも、2014年まで韓国の窓の断熱性能の基準を満たせていなかったって、結構やばくないですか?

そりゃ、結露もするし、ヒートショックで人も死ぬわ、と思いますよね。

暑さ、寒さの原因の大半は窓が原因だと言われています。

快適な温度を保って、結露を起こさない性能の窓ガラスを選ぶことは、結局家の寿命や、日々の暮らしの快適さ、自分の健康にもつながります。

個人的には、熱貫流率をみると、オプションでLow-e膜つきの複層サッシにするのがおすすめです。

アルゴンガスとクリプトンガスの違いはそこまで大きくないし、ガスはいずれ抜けてしまうものなので、一条工務店のクリプトンガスまではしなくてもいい、と思っています。

タマホーム標準仕様の半樹脂サッシの性能は充分か。

タマホーム標準仕様の半樹脂サッシ(複合サッシ)性能はいまいちです

半樹脂サッシとは、家の内側が樹脂サッシで、外側がアルミサッシの窓です。

大手ハウスメーカー(積水や住友林業、へーベルなど…)や工務店でも、タマホームと同じ半樹脂サッシが標準仕様のところが多いです。

一方、家は性能の一条工務店では、樹脂サッシを標準仕様にしています。

樹脂とアルミでは、アルミの方が温度を伝えやすいので、外の気温に影響を受けやすいです。

一条工務店のHPでは、外が0℃部屋が24℃のときの実験をしていて、複合サッシでは17℃であるのに対して樹脂サッシは20℃という結果になっています。(出典:https://www.ichijo.co.jp/technology/element/sash/

とはいえ、複合樹脂サッシが大手ハウスメーカーでも標準仕様になっているんだから、性能的には充分なんじゃないのと思うかもしれません。

しかし、大手ハウスメーカーでも、複合樹脂サッシが結露に困っているというブログはたくさん見ます

結露が瑕疵(家を作った側の責任)といわれる欧米では、アルミのサッシはほとんど使われておらず、樹脂や木製のサッシが7割程度を占めているようです。(出典:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO78836460U4A021C1000000/)

結露が起こるということは、外と中の気温差があるということですし、カビの発生原因にもなります。

新築して長く住もうと思っている家なので、温度差が少なく結露がないサッシにするには樹脂サッシがおすすめです。

(木製サッシは、スウェーデンハウスくらいでしか見たことなく管理とか使い勝手とかがよくわかりません…。)

タマホーム標準仕様サッシの色・サイズ・種類

タマホーム標準仕様のYKK APエピソードのサイズ、種類、色についてご紹介します。

タマホーム標準仕様の窓の種類

標準仕様では、全部で3種類の開き方の窓を選べました。

洋室は引き違いと縦辷りひとつずつ、トイレ・浴室・洗面の水回りは縦辷りひとつが標準仕様でついていました。

サイズの変更や、窓の数の変更は差額分ででき、タマルールだからこの窓は無理とかそういうこともなかったです。

引き違い窓
【タマホームで新築】標準仕様のサッシの性能と色やサイズ

スライドさせて開ける一般的な窓です。

面積が広いので採光をしたい部屋に向いています。

我が家ではリビングを大きめの引き違いの窓にしましたが、明るいし、外の景色が見えるしとても気に入っています。

一方、風をいれるには、片側しか開かないのであまり得意ではない窓です。

縦辷り窓(たてすべり)
【タマホームで新築】標準仕様のサッシの性能と色やサイズ
【タマホームで新築】標準仕様のサッシの性能と色やサイズ

外に扉を押し出すようにして開ける窓です。

窓に風が当たるので、風をキャッチしやすく採風に適しています。

わが家では、トイレなどの水回りとクローゼットの窓を縦辷り窓にしました。

湿気や臭いをこもらせないために採風を重視したかったからです。

そこまで風の強い日でなくても、空気が流れているのを感じるので、縦辷りにしてよかったなと思っています。

横辷り窓(よこすべり)
【タマホームで新築】標準仕様のサッシの性能と色やサイズ

外に扉を押し出すようにして開ける窓です。

窓の下側が開くので、多少雨が降っても濡れません

雨で家が濡れるのが心配な人や、多少雨が降っていても外気を入れたい人はこの窓がいいと思います。

我が家は採用しませんでした。

FIX窓

開かない窓です。

風は通さなくていいけど、採光したい場所に便利です。

お風呂や洗面、キッチンの窓に使う人が多いです。

新築計画時には、開く窓のほうがいいと思っていましたが、お風呂と洗面はFIX窓でよかったなあと後悔しています。

水回りは、窓を開けた方がカビると聞き、また手も届きにくいので住み始めて一度も開けたことがありません。

タマホーム標準仕様の窓のサイズ

【タマホームで新築】標準仕様のサッシの性能と色やサイズ

洋室、リビングには掃き出し窓ひとつと、縦辷り窓ひとつが標準仕様でついていました。

掃き出し窓の大きさは1650×2000、縦辷り窓の大きさは365×740でした。

最初にでてくる数字が横の長さ、後ろにでてくる数字が縦の長さです。

掃き出し窓だと幅165cm×高さ200cmということです。

掃き出し窓の標準仕様のサイズは、一般的なサイズなのでカーテンやブラインドなどを市販品を買えばOKというメリットがあります。

採光や採風には充分な大きさですが、景色を楽しむには物足りないかなという印象です。

わが家では、リビングとベランダの窓にこの掃き出し窓を採用しました。

【タマホームで新築】標準仕様のサッシの性能と色やサイズ

縦辷り窓は、小さい割りには光もとれるし、風も抜けるので便利です。

わが家では洋室のふたつめの窓に縦辷り窓をいくつか採用しました。

風をキャッチしやすい縦辷り窓のおかげで、風がとおるので部屋で過ごすのが気持ちいいです。

トイレ、お風呂、キッチンの標準仕様の縦辷り窓も、洋室についていた縦辷り窓と同じ365×740の窓でした。

水回りは暗くなりやすいので、採光のために窓があってよかったなと思っています。

わが家の水回りはすべて標準仕様のサイズの縦辷り窓を採用しました。

【タマホームで新築】標準仕様のサッシの性能と色やサイズ

特にトイレはこのサイズの窓をつけてよかったと思っています。

自然光が好きなので、昼間は電気をつけなくてもトイレが明るいのはうれしいです。

北側でも予想外に明るくて驚きました。

一方、トイレよりも広くてモノが多い洗面は、採光をメインに考えるなら横長のFIX窓にした方が明るくなっただろうなと思います。

洗濯機や洗面台の影になってしまい、標準仕様の窓のサイズではちょっと力不足な感じでした。

タマホーム標準仕様サッシの色

【タマホームで新築】標準仕様のサッシの性能と色やサイズ

家の外側の色も内側の色も5種類から選べます。

外観と内観で色を変えられるので、外壁に合わせた色、クロスに合わせた色と雰囲気に合わせた色味を選択できます。

外観の窓枠は、ブラウン、ブラック、プラチナステン、ピュアシルバー、ホワイトがありました。

我が家は外壁が白ベースだったのに合わせて、プラチナステンを選択。

タマホームでパースと合わせながら色あを選びましたが、サッシを変えると外観の雰囲気ががらっとかわるので、いろいろな色を試して気に入ったのを探すといいと思います!

内観の色は、クリア、ナチュラル、キャメル、ダークブラウン、ホワイトが選べました。

【タマホームで新築】標準仕様のサッシの性能と色やサイズ

我が家はホワイトを選択。

壁紙が白がメインなので、周りになじんでいい感じです。

オプションで樹脂サッシにできるのか?

タマホーム標準仕様のエピソードから樹脂サッシにグレードアップもできます。

わが家もオプションで、エピソードからAPWシリーズにしました。

APW330は、アルミ樹脂の複合サッシが樹脂サッシになります。

さらにAPW430にすると、トリプルガラスの樹脂サッシになります。

一条工務店並みですね!

APW330の金額は窓の大きさによりますが、1箇所1~2万円でした。

家の断熱性能がサッシによって大幅に変わることを考えると、1か所1万円のオプションなら、私はいれるべきだと判断しました。

もちろん、30年前の窓に比べたら、標準仕様の複合サッシでも充分性能はよくなっているので、なるべくお金をおかないように標準仕様にするという考え方もあると思います。

しかし、30年住むとして、その間の冷暖房費や健康にプラスになると考えれば、家全体の窓10箇所で10万円のオプションは安いとも言えそうです。

ちなみに我が家は地域は、窓を防火仕様にする必要があったので、1箇所4万円くらいでした。

準防火仕様高い…。そして、準防火仕様のAPW430はまだ存在しません。残念…。

タマホームで断熱性の高い家にするには、樹脂サッシへのグレードアップがおすすめです。

まとめ

タマホーム標準仕様のサッシはYKK APのエピソード
YKK APのエピソードは複層ガラスで複合サッシ

窓のサイズ、色、種類は自由に選べる

断熱性の高い家にするなら、樹脂サッシのオプションがおすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました